LIFE

コロナ禍で飲食&インテリア業界の消費はどう変わった?

【The Burnシェフ米澤文雄氏 × インテリアコーディネーター荒井詩万氏 対談・前編】

コロナ禍により在宅時間が長くなり、多くの人がご自宅の「キッチン」を見直すようになりました。
東レの新商品「トレビーノ®ブランチ」は、そんなニューノーマル時代の新しいキッチンになじむ家庭用浄水システム。シンク下に設置するだけで今お使いの水栓をそのまま使え、自分好みの水栓にも取り付けられるのが特長です。
このたび「トレビーノ®ブランチ」の魅力を機能性とデザイン性の両面から知ってもらうべく、料理人の米澤文雄(よねざわふみお)さんとインテリアコーディネーターの荒井詩万(あらいしま)さんをお招きし、「キッチン」をテーマにクロストークを実施しました。

前半の対談テーマは「コロナ禍によるインテリア&飲食業界の変化と、消費スタイルの変化」。
異なる視点から住環境やキッチンを考えるお二人が、今感じている消費のトレンドや気になるトピックを語ります。
※本記事の内容は2021年9月に実施した対談のものです

「The Burn」エグゼクティブシェフ 米澤 文雄(よねざわ ふみお)

1980年生まれ。東京都出身。高校卒業後、恵比寿「イル・ボッカローネ」で研修をし、22歳で単身ニューヨークへ。ミシュラン三つ星店「Jean-Georges」にてインターンを経て、日本人初のスーシェフとなる。帰国後、都内のレストランでシェフを歴任し、2014年「Jean-Georges Tokyo」オープンにあたり、シェフ・ド・キュイジーヌに就任。2013年駐日アメリカ大使館「Taste of America」日本大会優勝。2015年日本最大級の料理人コンペティションRED U-35で「ゴールドエッグ」を受賞。2018年9月「The Burn」をプロデュースし、エグゼクティブシェフに就任。2020年7月には東京広尾に、自身が手がけるベジタリアン専門店「Salam」をオープン。著書に「Vegan Recipes/ヴィーガン・レシピ」(柴田書店)がある。一般社団法人Chefs for the Blue理事。

インテリアコーディネーター CHIC INTERIOR PLANNING 主宰 荒井 詩万(あらい しま)

日本女子大学家政学部卒。設計事務所にて秘書として勤務。在職中、「町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミー」で学び、卒業後、「CHIC INTERIOR PLANNING」主宰。戸建住宅やマンションのインテリアコーディネート・リノベーションを数多く手掛け、住まう人に寄り添う心地よい空間づくりが人気。大妻女子大学短期大学部非常勤講師、町田ひろ子アカデミー講師、企業セミナー講師。NHK「あさイチ」「おはよう日本」・日本TV「スッキリ!」「ヒルナンデス!」・関西TV「土曜はナニする!?」などメディア出演多数。著書『今あるもので「あか抜けた」部屋になる。』サンクチュアリ出版は、累計発行部数3万1千部。

飲食業界とインテリア業界、
コロナ禍による消費の変化
──料理人とインテリアコーディネーター、それぞれの視点から見たコロナの影響は?
荒井:この1年半ほどで、ご依頼頂くお仕事の種類が変わってきました。今までは新築の戸建住宅やマンションをコーディネートさせていただくことが多かったのですが、リノベーションのご要望が一気に増えたんです。
旅行も外出もしづらい状況が続き、そこに使っていたお金でご自宅を素敵にしたい!という方が多くいらっしゃいますね。お家をリノベーションして楽しく乗り切ろうと考える方が増えたのだと感じています。

米澤:僕のいる飲食業界は、ニュースの報道どおりで厳しい状況です。お客様が足を運んでくださって自分たちが料理をお出しして、という対面のサービスで成り立っている業界なので、ダメージはかなりありましたね。
だけどその中でもさまざまな工夫が生まれています。ラーメンや蕎麦を配達してくれる「出前」の文化は昔から日本で定着していましたが、海外発のフードデリバリーが広まったことで、家にいながら注文できるメニューの選択肢は一気に増えました。実店舗を持たない「ゴーストレストラン」や「出張シェフ」のような形もトレンドになりましたね。
自分の家で仕込みをしておき、お客さんのご自宅のキッチンで仕上げる。そうやってフリーランスのシェフとして料理を振る舞う若手たちが僕の周りにもいます。
荒井:シェフに自宅のキッチンを使ってもらうなど用途が広がったことも、家のキッチンを見直す方が増えている理由かもしれませんね。
米澤:「キッチンで料理をする」ということの幅も大きく広がったと思います。農家さんから産直野菜を買えるような食材宅配サービスも伸びましたし、あらかじめ決められたレシピと必要な食材が入っているミールキットも人気ですよね。もともと日本の冷凍食品市場は大きかったですが、最近の冷凍食品の完成度には驚きます。スーパーに行かなくても宅配で楽しめる食や料理が本当に増えました。
荒井:スーパーに行くことさえためらう時期もありましたもんね。
米澤:毎食の献立を考えるのも大変ですし、僕はそういう便利なものもどんどん活用していいと思うんです。キッチンに立つ体験を重ねれば、自分や家族の食の好みがわかって料理に興味が湧きますし、外食も違う楽しみ方ができたりします。いい傾向だなと思いますね。

おうち時間が長くなり、
会話の生まれる
オープンキッチンが急増
──自宅での食や料理の機会が増えて、キッチンに求められるものも変わった?
荒井:キッチンの形には大きくオープン、セミオープン、クローズドの3種類があるのですが、最近はオープンとセミオープンのニーズが明らかに増えています。クローズドからオープン型にリノベーションされる方も多くなっていますね。
米澤:僕も最近、自宅をリノベーションしたばかりなんですよ。やはりキッチン中心のレイアウトを考えました。
荒井:オープンキッチンですか?
米澤:オープンです。休みの日は娘たちと一緒に作るものを決めて、キッチンを囲んで会話しながらよく料理を作っていますね。
荒井:キッチンが開けていると、料理中のコミュニケーションも楽しめますよね。家族や友人を家に招いて、遊びに来た人たちと一緒に食事を楽しまれている方も多いのでしょうね。

「水」は料理のキホン。
美味しくきれいな水を
どう手に入れる?は、
今みんなが気になるテーマに
──安心で美味しい「水」への意識の高まりについて、受けている印象は?
米澤:最近うちの小学6年生の娘が、学校でSDGsをテーマにプレゼンする機会があったそうなんです。そこで担当になったのが「安全な水とトイレを世界中に」という項目で。娘から聞いて僕も初めて知ったんですけど、蛇口をひねって安心な水が飲める国って、世界中でも十数カ国しかないらしいんです。
「安心で美味しいきれいな水を飲める」のはそれだけ恵まれたことなんだなと。「水」は私たちの体のほとんどを占めるものでもありますし、当たり前に飲んでいるけど、とてもありがたいことですよね。

──やはり料理の味も「水」によって影響を受ける?
米澤:水分量の多い料理の場合は特に、水が違うだけでかなり味が変わってきます。ご飯を炊いたりお味噌汁を作ったりと、水をたっぷり使うことが多い和食が一番影響を受けますね。ヨーロッパの和食料理人さんは、出汁を取るのにもすごく苦労すると聞きますよ。
荒井:やっぱり硬水だと料理の味も変わってくるんですか?
米澤:「自分の味が作れない」というのはよく聞きますね。料理って本当にちょっとずつの組み合わせで味ができているので、水が主役になるような料理だと崩れてしまいます。水とか塩とか、シンプルな材料ほど大切で、料理の味を大きく左右します。
──家庭のキッチンでの「水」の使い方にも変化があった?
荒井:コロナによりご主人もお子さんも家にいる時間が増えたことで、ご家庭全体での水の消費量が増えたというのはよく奥様から聞きます。ウォーターサーバーを使われているお客様も多いですが、ご家族だとストックの量も多くスペースを取ってしまいます。
その点、蛇口をひねるだけでクリアで美味しい水が飲めるトレビーノ®ブランチは、すごく便利だなと思います。キッチン周りにストックしているものが多いと、インテリア目線ではきれいに見せるのに苦労することもあるので。
米澤:パントリーが必要になってしまうし、女性の方はウォーターサーバーのボトルを取り替えるのも重くて大変そうですよね。
荒井:そうなんです。ウォーターサーバーにしてもペットボトルにしても、ある程度のスペースは必要です。ゴミが増える分の場所も取りますし、取り替えが面倒という声も多いですね。
だから今回トレビーノ®ブランチのことを教えて頂いて、フィルター交換が年に1回で済むというのが一番いいなと思ったポイントです!新しい浄水器の形として、私のお客様のような層には受け入れられそうだと感じました。

対談はコロナ禍による消費の変化の話から、ニューノーマル時代の理想のキッチンとは?という話に繋がり、後編へ。各領域のプロフェッショナルであるお二人の会話から、新しい住環境やキッチンの在り方が見えてきました。

対談・後編はこちら>
対談・アフタートークはこちら>

今回お二人に体験頂いた
新しい浄水器
「トレビーノ®ブランチ」とは?

キッチンの常識を変えるあたらしい“浄水”のカタチ。
お好みの水栓でも今お使いの水栓でも
水栓の形状やデザインを選ばず、浄水器の取付けが可能。
小学生の娘さんの体験から、安心で美味しいきれいな水を“蛇口から”飲めることのありがたみを感じたという米澤さん。「トレビーノ®ブランチ」はシンクの下に設置するだけで、今お使いの蛇口(水栓)から浄水が出るようになる画期的な浄水システム。もちろん、自分好みの水栓に付け替えることも可能です。

「トレビーノ®ブランチ」には、浄水容量・コスト・サイズの“ちょうどよさ”にこだわったカートリッジ「SKC88.X」を採用しています。「粒状活性炭+イオン交換体」でまず濾過をし、さらに医療分野でも使われる東レの「中空糸フィルター」によって体に必要なミネラル分はそのままに、塩素や濁り、鉄サビなどをしっかり取り除きます。

荒井さんが気に入ってくださった「場所を取らない」ということも、トレビーノ®ブランチが叶えられる大きなポイント!ストックのスペースがいらずゴミもほとんど出ずに済むので、インテリアコーディネートの邪魔をしません。そしてフィルター交換は、1日10リットル使う想定で年1回でOK。手間いらずで安心で美味しいきれいな水を飲めるので、お客様にもおすすめしやすいと言っていただけました。

トレビーノ®ブランチの
商品ページはこちら>