LIFE

料理とインテリアの専門家が語る「トレビーノ®ブランチ」の魅力

【The Burnシェフ米澤文雄氏 × インテリアコーディネーター荒井詩万氏 対談・アフタートーク】

2021年9月、東レの新浄水システム「トレビーノ®ブランチ」のPR企画として、青山にあるキッチンスタジオにて対談イベントを行いました。
お越し頂いたのは、料理人の米澤文雄(よねざわふみお)さんと、インテリアコーディネーターの荒井詩万(あらいしま)さん。それぞれの領域で活躍されるお二人に、コロナ禍による消費の変化やニューノーマル時代のキッチンの在り方についてたっぷり語っていただきました。

対談終了後は、実際に「トレビーノ®ブランチ」を設置したキッチンで操作を体験!「トレビーノ®ブランチ」で浄水した水を試飲した率直な感想もいただきました。
終始和やかだったイベント終了後の様子を、東レ担当者の目線でお届けします。
※本記事の内容は2021年9月に実施した対談のものです

「The Burn」エグゼクティブシェフ 米澤 文雄(よねざわ ふみお)

1980年生まれ。東京都出身。高校卒業後、恵比寿「イル・ボッカローネ」で研修をし、22歳で単身ニューヨークへ。ミシュラン三つ星店「Jean-Georges」にてインターンを経て、日本人初のスーシェフとなる。帰国後、都内のレストランでシェフを歴任し、2014年「Jean-Georges Tokyo」オープンにあたり、シェフ・ド・キュイジーヌに就任。2013年駐日アメリカ大使館「Taste of America」日本大会優勝。2015年日本最大級の料理人コンペティションRED U-35で「ゴールドエッグ」を受賞。2018年9月「The Burn」をプロデュースし、エグゼクティブシェフに就任。2020年7月には東京広尾に、自身が手がけるベジタリアン専門店「Salam」をオープン。著書に「Vegan Recipes/ヴィーガン・レシピ」(柴田書店)がある。一般社団法人Chefs for the Blue理事。

インテリアコーディネーター CHIC INTERIOR PLANNING 主宰 荒井 詩万(あらい しま)

日本女子大学家政学部卒。設計事務所にて秘書として勤務。在職中、「町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミー」で学び、卒業後、「CHIC INTERIOR PLANNING」主宰。戸建住宅やマンションのインテリアコーディネート・リノベーションを数多く手掛け、住まう人に寄り添う心地よい空間づくりが人気。大妻女子大学短期大学部非常勤講師、町田ひろ子アカデミー講師、企業セミナー講師。NHK「あさイチ」「おはよう日本」・日本TV「スッキリ!」「ヒルナンデス!」・関西TV「土曜はナニする!?」などメディア出演多数。著書『今あるもので「あか抜けた」部屋になる。』サンクチュアリ出版は、累計発行部数3万1千部。

「トレビーノ®ブランチ」の
第一印象は?

「トレビーノ®ブランチ」は、水栓のレバー操作だけで浄水と原水の切替えができる新しいタイプの浄水器。安心でおいしい水を使えることはもちろんのこと、シンク下に設置するためインテリアを損なわず、各ご家庭に合ったこだわりのキッチンが実現できます。どうすればこの商品の魅力を伝えられるかと考えて、今回のクロストーク企画が実現しました。
料理人としてキッチンに毎日のように立たれる米澤さんと、インテリアコーディネーターとしてキッチンや住環境におけるニーズを最前線で見てこられている荒井さん。お二人の視点が合わされば、「機能性」と「デザイン性」の両面からこれからのキッチンの在り方を考えられる機会になるのではと、対談のオファーをさせていただきました。

対談中にトレビーノ®ブランチについて聞かれると「これで浄水できるってどういうことなのかと、最初はちょっと意味がわからなかった(笑)」と話されていた米澤さん。シンク周りには何もなく浄水器が見えないことから、はじめはどういう仕組みで浄水しているのか想像できなかったそう。東レ担当者としては、ありがたい感想です!

インテリアの専門家である荒井さんが気に入ってくださったのは「自分好みの水栓が使え、今お使いの水栓のままでも取り付けられる」という部分。初めてご説明させていただいたときにも、「トレビーノ®ブランチ」によってキッチン水栓の選択肢が広がることに可能性を感じてくださっているようでした。
荒井さん「取り付けられる水栓の選択肢が広がるので、お部屋全体のインテリアに合わせて提案できるのがいいですね。今お使いの水栓のままでも取り付けられるので、お客様にとっても導入しやすいと思います。これからお部屋のコーディネートをさせていただくお客様にも、最近はこういうのがあるんですよ、というふうにご提案がしやすいです」
キッチンに最も近いところでご活躍されているお二人にとっても、「トレビーノ®ブランチ」のような浄水器は初めて触れられる形。リアルなご感想をいただけて嬉しく思います!
対談後、
「トレビーノ®ブランチ」を
設置した水栓を体験
対談終了後、実際に「トレビーノ®ブランチ」を設置したキッチンの水栓を体験していただきました。

一体どういう仕組みなの……?とシンク下を覗き込みながら、東レ担当者の説明を熱心に聞いてくださっている荒井さんと米澤さん。それぞれプロの視点から質問していただき、ご説明のしがいがあります!キッチン空間でイベントを行ったことで、よりリアルな使用シーンがイメージしていただけたかと思います。
米澤さん「シンク下に収まっているので、浄水器を付けたことによりスペースが狭まったり水栓まわりの配置に制約が生まれたりしないのが嬉しいですよね。先ほど話したようなキッチンのカスタマイズも考えやすくなりそうです」

水栓は、手をかざすだけで吐水・止水ができる、海外メーカーのタッチレス式のものを取り付けました。真剣に覗き込む米澤さんが、まさにプロの料理人の目。
米澤さん「水栓のまわりに何かを付ける必要がないのはいいですね!タッチレス水栓というのも気になっていたんです。これにも設置できるんですね!」

荒井さんに手をかざしていただき、水道水と浄水の切り替えを体験。水道水が出ている状態から一度水を止め、3秒以内にまた通水することで、簡単に浄水に切り替わります。浄水に切り替わる際に一旦止水した後「ピピッ」と音が鳴り、浄水が通水している間はずっと「ピ・ピ・ピ……」と音が鳴り続け、浄水が出ていることがわかる仕組みです。※通知音の消音や音量調節も可能。お好みに合わせて変えられます
最初は少し驚かれた様子でしたが、すぐに慣れてスムーズに切り替えをされていたのが印象的でした。
もちろんタッチレスではないレバータイプの水栓でも水の吐水・止水操作で切り替えができます。使い方は動画で説明しているのでご覧ください。
「汲みに行かなくて済む」
「見た目がすっきりする」
各領域のプロからの感想
改めて「トレビーノ®ブランチ」の魅力をお聞きすると、「機能性」を考える料理人と「デザイン性」を考えるインテリアコーディネーター、それぞれの視点から感想がいただけました。
対談中に「料理に使う水の大切さ」について語ってくれた米澤さんですが、わざわざ浄水を汲みに行くのは手間だったとのこと。
米澤さん「今は自宅でウォーターサーバーを使っていますが、料理に使うにはいちいち汲みに行かなければならないのが少しの距離とはいえ手間で。“蛇口から浄水が出る”というのはかなり嬉しいポイントです。水栓の横に何もないので掃除もしやすいですね」

機能面にフォーカスした米澤さんの視点に対し、「デザインがすっきりして良い」と評価してくださった荒井さん。
荒井さん「せっかくキッチンがかっこよく完成しても、水栓の横に付属品が見えてしまうのだけどうにもできないのが残念だなと思っていたんです。水栓の周りに何も設置しなくていいということは、今お使いの水栓のままでも何も変えずに付けられるので、水栓ごと取り替える必要がなくどんなお客様にとっても選択しやすい形だと思います」

そしてお二人とも気に入ってくださったのが、カートリッジの交換時に音で教えてくれるところ。交換タイミングがわかるので、つい交換を忘れて使い続けてしまうこともなく安心です。
「トレビーノ®ブランチ」の
浄水を試飲していただきました

最後に、スタジオの水栓から「トレビーノ®ブランチ」で浄水した水を汲み、試飲していただきながら写真撮影。
荒井さんからは「水がまるい感じがして、すごく飲みやすい」とのご感想。米澤さんも飲みやすさを感じてくださり「たくさん飲んだほうがいいんですよね、1日2リットルとか」と水を飲むことの大切さをお話しされていました。
「トレビーノ®ブランチ」には、浄水容量・コスト・サイズの“ちょうどよさ”にこだわったカートリッジ「SKC88.X」を採用しています。「粒状活性炭+イオン交換体」でまず濾過をし、さらに医療分野でも使われる東レの「中空糸フィルター」によって体に必要なミネラル分はそのままに、塩素や濁り、鉄サビなどをしっかり取り除きます。
……という詳しい水の濾過システムの話も、真剣に聞いてくださったお二人。対談後のリラックスした雰囲気で、グラスの水を何度かおかわりしながら撮影やトークに応じてくださいました。

東レ担当者による水の濾過システムの話を真剣に聞かれるお二人
専門家の視点から「トレビーノ®ブランチ」や水そのものについてお話させていただくことで、東レとしてもとても学びの多い対談イベントになりました。米澤さん、荒井さん、改めてこのたびは本当にありがとうございました!
対談・前編はこちら>
対談・後編はこちら>
気になる「トレビーノ®ブランチ」のコストは?
「トレビーノ®ブランチ」は希望小売価格55,000円(税込)。カートリッジは9,130円(税込)で年に1回の交換のため、ランニングコストは1ヶ月約700円となります。

これは1日の使用量を10リットルと仮定したときのコスト。正確なコストはご家庭の浄水使用量によって変わってきますが、4人家族でもたっぷり使える容量です。

トレビーノ®ブランチの
商品ページはこちら>

商品ご購入に関するお問い合わせ

トレビーノサービスセンター

0120 - 32ミズ - 4192ヨイクニ

受付時間:月曜日〜金曜日 10:00〜12:00 13:00〜17:00(祝祭日、弊社休業日は除く)

キッチンの常識を変えるあたらしい“浄水”のカタチ「トレビーノ®ブランチ」。これからの新しいキッチンの選択肢として、“おいしいお水生活”を考えてみてはいかがでしょうか。